ソラストときわ台第二

認証

ソラストときわ台第二はときわ台駅から約9分の閑静な住宅街に、2014年4月にオープンしました。

徒歩10分のところには、系列園のソラストときわ台や介護施設のソラストときわ台があり、年間を通じて介護施設のご利用者様との多世代交流や系列園の子どもたちとの異年齢交流を深めていきます。

ときわ台第二の特徴は、
1.給食の廊下に面した給食室内が見える窓!
「今日の給食は何かな?」と給食作っている様子をみることができます。食事を身近に感じることにより、食べることの楽しさと作る人への感謝の気持ちを養う環境を大切にします。
2.全天候型の室内水遊び場!
水に触れることにより、水を楽しみ、元気で健康な身体を育てます。ボールプールも楽しみます!
3.玄関にある生物鑑賞スペース!
生物や植物と関わることにより、生き物に興味を持ち、命の大切さや思いやりの気持ちを育てます。

ソラストときわ台第二の園目標は「明るく元気な思いやりある子ども」です。 子どもたちも職員もみんな笑顔いっぱいで過ごせるような保育園を目指しています!

空き状況
- Vacancy -
2018年11月20日現在
0歳児
1
3歳児
3
※お申し込みは随時受付中

ソラストときわ台第二のお問い合わせ

お問い合わせ お電話でのお問い合わせ

園の紹介

  • 【外観】思いやりの気持ち・みんなで一緒に過ごすことの温かさ、楽しさを表現しています。
  • 【生物・植物鑑賞スペース】玄関に入るとすぐに正面に生物・植物を楽しむことができす。
  • 【給食室】子どもの目線から給食を作っている様子を見ることができます。
  • 【保育室】床暖房を設置しており子ども達は裸足で過ごします。室内は安全面や衛生面重視しています。
  • 【室内水遊び場】1年を通じてプール遊びを楽しむことができます。安全で清潔なプール環境を重視しています。

▲戻る

園の概要

施設名 ソラストときわ台第二
所在地 〒174-0063
板橋区前野町2-1-20 エステート前野町20号棟1階
電話・FAX Tel.03-5916-1921 Fax.03-5916-1922
対象年齢 0歳~5歳児
(生後57日目からお預かりいたします)
定員 40名(0歳児8名、1歳児8名、2歳児10名、3歳児7名、4歳児2名、5歳児5名)
開園時間 7:00~21:00
休園日 日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
サービス内容 月極保育、一時保育

▲戻る

アクセス

東武東上線ときわ台駅 北口より徒歩8分

▲戻る

ご利用料金

月極保育
対象年齢 生後57日~5歳児
入会金 20,000円(税込)
保証金 30,000円(税込)(退園時に保育料から相殺します)
利用料金 0歳児 : 4日間コース/5日間コース/6日間コース  60,000円(税込)~
1歳児 : 4日間コース/5日間コース/6日間コース  59,000円(税込)~
2歳児 : 4日間コース/5日間コース/6日間コース  58,000円(税込)~
3~5歳児 : 4日間コース/5日間コース/6日間コース  57,000円(税込)~
※ご兄弟姉妹で入園の場合は、各利用料金から10,000円割引きとなります。

★お住まいの区市町村から保育料負担軽減のための助成金を受け取ることができます★
 ※助成制度の有無や対象者・助成金額は区市町村により異なります。
 (例)板橋区の助成金額・・・1万円
一時保育
対象年齢 生後6ヶ月~就学前
開園時間 月曜日~土曜日 7:00~21:00 ※2時間よりお預かりします
休園日 祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)
登録料 5,000円(税込)     
保育料 30分につき600円
別途)
給食 400円、おやつ(午前、午後)各100円
8時間の場合 ... 8,000円(給食、おやつ含)
※8時間以上は600円/30分を加算(補食は除く)
定員がございますので、事前連絡にて空き状況の確認をお願いします。

▲戻る

入園時に用意していただくもの

ご用意いただくものは、来園時にご説明いたします。

▲戻る

ときわ台 ってどんなところ?

東京都板橋区に位置する常盤台(ときわだい)。下町のイメージが強い板橋区ですが、「板橋の田園調布」と称されるように、東武東上線ときわ台駅北口のロータリーを抜けてしばらく進むと、美しい並木道(プロムナード)が印象的な街並みのなかに高級住宅が見えてきます。閑静なこの常盤台住宅地は、1935年(昭和10年)に現在のときわ台駅が開業した際に、東武鉄道によって初めて分譲にされた住宅地です。

常盤台にはその当時(昭和初期)の懐かしい雰囲気を残した駅前広場や公園などが多く、池袋駅から東武東上線で約12分と都心へのアクセスも抜群ながら、治安がよく、落ち着いて暮らせる環境が保たれており、住みやすいと人気のエリアでもあります。

なかなか他の地域では見られない「クルドサック(袋小路)」も常盤台の大きな特徴です。クルドサックは、車が転回はできても通り抜けできないように作られた円形の袋小路。つまり行き止まり。子どもたちが安心して遊べるだけでなく、展回部分にある植え込みが閑静な住宅地の雰囲気づくりにも役立っています。

そんな常盤台にある「ソラストときわ台第二」は、ときわ台駅北口より徒歩8分のところにある保育園。子どもたちがお散歩でよく利用するスポットのひとつに、体重計や万歩計などの計測器メーカーで有名なタニタの本社敷地内にある「ふれあい広場」があります。一般開放されているこの広場にある芝生の丘のようなふくらみで、0歳児クラスのお友だちが座ったりハイハイしたり、3~5歳児クラスのお友だちは足裏のツボを刺激するコーナーを裸足で歩き、「いた~い!」とおおはしゃぎしたり・・・。子どもが走り回っても企業の敷地内なので、保育士の目も行き届いて安心です。

東武東上線ときわ台駅からほど近い「常盤台公園」も、子どもたちのお気に入り。広い園内にはアスレチックのような遊具が設置されているほか、池には金魚も泳いでいて、お散歩にくると、1~2歳児が保育士と一緒に池の中を覗き込んでみたりしていています。また、隣接する板橋区立中央図書館では、3~5歳児クラスのお友だちが絵本や紙芝居を借りてきて、他のクラスのお友だちに見せてあげる姿も見られます。

さらにもう一つ、ときわ台第二保育園のすぐそばにも公園があります。「けやきの公園」です。遊具などはないものの、ケヤキの木をはじめとする木や草花がたくさん植えられており、追いかけっこや虫探しなど、年齢ごとにそれぞれの遊びを思いっきり楽しめる公園です。春先には桜がとてもきれい。七夕の時期には、公園を管理しているボランティアの方が笹を届けてくださいます。

▲戻る