病後児保育について

病後児保育とは、病気の急性期を経過し、回復期にあって集団保育が困難な期間に、お子さまを一時的にお預かりする保育です。
ソラストの病後児保育は、保育所内に病後児の専用スペースを確保した「保育園併設型」の施設です。
お子さまは無理なく体力が回復するようゆったりとすごすことができるよう施設定員は4名程度です。常駐の看護師及び医療機関(嘱託医)と連携しており、安心してお子さまをお預けいただけます。

病気の回復期(お預けいただける主な内容)
日常罹患(感冒・下痢など)する疾患の急性期経過後、伝染性疾患(はしか・水ぼうそう・おたふくかぜ)の感染期経過後、外傷性疾患(骨折・熱傷など)の症状の安定後、慢性疾患(喘息など)の発作収束後

病後児保育実施園