採用情報

キャリアパスが豊富で
長く続けられる環境が充実している、
ソラスト保育の採用情報をご紹介します。

先輩社員の声

ソラスト入社のきっかけやソラスト保育園への思い、日々の生活、将来のことなどを先輩社員が語ります。先輩の声からみなさまの将来の姿を思い描いてください。​

ソラスト成増 粂園長

ソラスト成増 粂園長

保育士が安心して何でもチャレンジできる環境を作っていきたい

ソラストの保育は、子どもたち一人ひとりとしっかりとかかわっていくことができる、保育士みんなで子どもたちをみていくことができる複数担任の少人数編成クラス制です。子どもたちが自ら成長しようとする力を見守り、安心して過ごせる保育を実践しています。そのために、園長として保育士一人ひとりの個性を生かし、子どもたちとしっかり向き合う環境を大切にしています。

保育士がのびのび働き、互いに高めあえる関係作り

保育士から相談されればもちろん答えますが、園長として、こちらからやり方を提示することは少ないです。ぶつかることがあっても、各クラスで解決することが大切なので、園長の意見だから・・・ということにならないよう、保育士や子どもたちに問題がおこる可能性があることでなければ各クラス担任に任せます。子どもたちのもう一つの我が家をつくっていくのは自分達だと自覚を持って保育に取り組んで欲しいので。

各クラスのリーダーが中心となって、どうしたらそれぞれの意見をまとめてよりよい方向に進めるか、いつも会話し考えてくれています。相手の意見を汲み取ってクラスをまとめていってくれているので、それをフォローすることでお互いに高め合い、成長できる関係作りができています。
それぞれの個性を生かしながら働いて欲しいので、若手の保育士も自主性を持って、「自分なりの保育」を追求して欲しいですね。社内外の研修を受講してもらったりと、保育士の学びたい気持ちも応援しています。

"働きやすさ"はチームワークで実現できる

職員のチームワークは特に大切にしていて、保育士同士の会話はすごく多いと思います。言葉で伝える習慣を大切にしているので、手伝って欲しい時にそれを伝えることができていたり、自ら進んで助けようとする声かけも多いですね。ありがとうと声をかけている場面が多いこともチームワークがいいからだと思っています。

職員の負担になるものの一つが書類作成だと思いますが、皆で協力して時間内に終わらせるようにしています。働きやすさに力を入れているので、産休育休から戻ってくる職員も多いですよ。元気で明るい職員が多いですね。
また、保育士の人数が多いため、子どもたち一人ひとりとしっかり向き合うことができています。働きやすい環境は保育士の人数が多いこと、保育士同士のチームワークがよいことに支えられています。

それぞれの個性を保育に生かす

保育士は若手からベテランまで年齢の幅が広く、男性保育士も勤務しています。いろいろなタイプの保育士がいていいと思うんです。保育士の個性を大切にしているので、「このやり方で」と押し付けることはしません。お互いの意見がぶつかることがあっても目指す方向は同じで、すべてはそこに暮らす子どもたちのために何ができるか。まずはお互いの意見を否定せず受け入れること、常に感謝の気持ちを忘れずありがとうと言葉にすることが重要ですね。
子育て真っ最中の職員、子育てを終えたベテラン職員、入ったばかりの若手職員が一緒に保育をするので、自然とお互いから学ぶことができると思います。

職員の多種多様なアイデアで多種多様な食育

食育には力を入れていて、安全な材料にこだわった給食は保護者の皆さまにも喜んでいただいています。
給食スタッフが調理前の野菜を子どもたちに見せたり、室内でしいたけを栽培したりしています。0歳児から、食材そのものに触れたり匂いを嗅いだりしています。成長段階に合わせて野菜を割いてみたり、かつおぶしからとっただしを飲んでみたり、八百屋さんに買い物に行くというイベントを行ったり、子どもたちに体験を通じて食への関心を深めてもらうために、職員がそれぞれ知恵を出し合っています。
だしを飲む体験をした時は、お茶をだすような小さい袋にかつおぶしを子どもたちがそれぞれ詰めて自宅に持ち帰り、親御さんとそのお話をしたりご家庭でもやってみたりと、つながっていく食育も大切にしています。

また、給食の試食会で保護者の皆さまに食べていただいたり、地域の公開保育で離乳食の作り方や試食会を行ったり、子育て支援の面でも食育に力をいれて取り組んでいます。給食スタッフも保育士も創意工夫をこらしながら新しいことへのチャレンジができる環境があるので、職員は楽しみながら仕事に向き合っていますね。

園長の醍醐味は、すべての成長にかかわること

子どもたちとの触れ合いを大切にしていて、子どもたちはいきいきとした笑顔で過ごしています。子どもたちが安心して過ごしているからこそ、保護者の皆さまにも安心してもらえるのだと思います。色んな不安を聞きながら、寄り添いながら保護者の皆さまを少しでもサポートしたいですね。
そのために、先生たちが安心して何でもチャレンジできるように、失敗してもその失敗をフォローできる園長になりたいです。安心して子どもたちが過ごすことができる保育園を地域の保育拠点として、今後も地域で安心して子育てできる環境を作っていきたいです。

ソラスト府中 及川先生

ソラスト府中 及川先生

「どんな保育がしたい?」想いを実現できる場所

私とソラストの出会いは、大学4年生の10月に参加したココキャリフォーラム。小規模で、乳児保育ができるところという軸で就活をしていました。
ソラストのブースで話を聞いて、心をつかまれましたね!私は、子どもたちのもう一人のお母さんになりたいと思っていました。そして、ソラストの理念は、 "もうひとつのわが家"。自分の想いにピッタリ合っていたんです。

ブースでの対応も、印象に残っていて、ただ一方的に会社のことを話すだけでなく、『及川さんは、どんな保育がしたいの?』と聞いてくださり、私の想いにじっくり耳を傾けてくれました。ここでなら、自分の保育をのびのびと実現できそうだと感じ、園見学の申し込みをしました。
ソラスト府中に見学に行って、ブースで感じた以上の明るい家庭的な保育園で、ぜひここで働きたいと思いました。子どもたちとの距離が近く、一人ひとりの成長を毎日実感することができます。今は、もう一人のお母さんになった気持ちで毎日過ごさせていただいています。

私の就職活動

私は9月まで実習があったので、就職活動は短期決戦になることを見込んでいました。だから事前準備をしっかりしていたので、事前に出展法人をすべて調べて軸に合う数法人に絞り、当日はブースに足を運びました。

ココキャリフォーラムで最初に訪問したブースがソラストのブース。他のブースで話も聞きましたが、話した人との相性や魅力を感じるかも大切な要素。イベント当日は自分のやりたい保育とあっているか、じっくり話をきく事ができましたし、理想の園にめぐり会うことができたなと思っています。
また、エリアでなく保育内容で判断することも大切だなと思います。自宅から近いほうがもちろん通勤は楽ですが、私はそれよりも自分のしたい保育を実現できるかどうかの方が重要だと思っています。

将来は、自分自身が結婚して子どもを持つことができても長く働き続けていきたいです。ソラストは制度が整っているので保育士を長く続けることができることも入社の決め手でした。

横浜からソラスト府中まで一時間半かけて通勤

ソラストが運営している保育園はどの園も自宅から遠いのですが、どうしてもソラストで働きたくて...。借り上げ社宅制度もあるので、今後一人暮らしする可能性もありますが、今は実家から通っています。

ソラスト府中は、定員四十名の東京都認証保育所。小規模で子ども一人ひとりとじっくり関われること、子どもたちとの生活を大切にゆったりした保育ができることが魅力です。採用試験を受ける前、園見学で初めてソラスト府中を訪れた時、入った瞬間すごく明るい雰囲気で自然と笑顔になりました。子どもたちも先生も、みんながとても楽しそうで、絶対にここで働きたい!と思いました。通勤時間は睡眠時間に充てています。いつか社宅制度を利用して一人暮らしをしたら、他の園でも働いてみたいなと思います。

子どもたちの、そして職員の、"もうひとつのわが家"

内定者は希望制でアルバイトをすることができるので、迷わず手を上げ二月からアルバイトを始めました。実際に働きはじめて、よりソラストのことが大好きになりました。実習先は定員百名程度の大きめの園で、先生たちはいつもバタバタと忙しそうでした。正直、あまり楽しそうに仕事をしているように見えませんでした。
一方、ソラストの先生たちは、いつも楽しそう。初めはわからないことばかりで迷惑もかけたと思いますが、先生たちは丁寧に教えてくれて、本当に家族の一員のように接してくれました。

社会人になってから久しぶりに同級生にあった時に、「遅くまで残業があって・・・」「先輩とうまくいっていなくて・・・」と聞くと、私は恵まれた環境で働いているなとしみじみ思いますね。
ソラストは、子どもたちだけでなく、そこで働く職員にとっても"もうひとつのわが家"なのだと思っています。子どもたちが明るく楽しく過ごしていて先生達も楽しそうに働いていて、すぐに溶け込むことができました。

子どもたちと一緒に成長する日々

今は1歳児の担任をやらせていただいています。活発な子が多くて、自分の注意が追い付かなくなることがないよう、気をつけている日々です。5月にずりばいをしていた子が年が明けて3月には小走りしているんです。子どもたちと一緒に成長しているなと思う反面、負けていないかなと思うくらい(笑)
また、同期とは研修で会うたびに、励まし合い情報交換しています。同期もいい子たちばかりで人間関係はとてもいいですね。「うちの子たち、こんなに大きくなったんだ~。」とブログを見せ合いながら話しあったりします。子どもたちや同期みんなと一緒に成長できていると実感します。

これから

初の公開保育担当を控えていて、でんでん太鼓をつくるんです。今は準備と進行の流れをつくることでいっぱいいっぱい(笑)毎日充実した日々を楽しんでいます。地域の方へも自分から話しかけられるようになったので、人見知りしなくなりました。

もうすぐ社会人になって1年。どうしたらいいんだろうということがあっても、すぐにこうやったらいいんだよと先輩たちが手を差し伸べてくれ、たくさん声をかけてくれるので安心して楽しく働いています。私ももうすぐ先輩になるので、いつも教えていただいているようにやさしく丁寧に後輩のサポートをしていきたいです。

ソラスト東村山 阿部美佐里先生(姉・写真左)/ソラスト武蔵関 阿部美乃里先生(妹・写真右)

ソラスト東村山 阿部美佐里先生(姉・写真左)
ソラスト武蔵関 阿部美乃里先生(妹・写真右)

小さな喜びに感動する毎日

1年目は0歳児の担任、2年目は1歳児を担任しています。
0歳児から1歳児の担任になって、さらに成長を感じることが増えましたね。1歳児の14人中6人が3月生まれで、4月はハイハイしている子とジャンプしている子が一緒のクラスでスタートし、もうすぐ1年経つ今は手つなぎで全員歩くことができています。そんな姿をみると本当にやりがいを感じますね。

また、保護者の方にソラストに預けることができてよかった、ソラストに預かってもらっておしゃべりが上手になった、座って食べられるようになった、挨拶ができるようになったと言って頂いた時は、本当に嬉しかったですね。小さな喜びに感動する毎日です。

ソラスト武蔵関 阿部美乃里先生(妹・写真右)のインタビューを紹介するよ!

双子の姉妹で一緒に入社

ソラストの園見学に行くまでは希望する保育も違い、別々に就職活動をしていたのですが、初めて二人で一緒に園見学に行ったのがソラストでした。園見学に行った時に、園の雰囲気も先生方の雰囲気もとてもよかったんです。
その後の選考も、自分達の考えるスピードに寄り添ってくださったので、焦らずよく考えて決める事ができました。双子の私たちが一緒の会社に入社することになり、まわりのみんなは本当にびっくりしていましたね(笑)

私たちは別々の保育園に配属になりました。実際に働き始めてからの印象は園見学の時に感じたままで、ギャップはなかったですね。先生達も仲がよくてすごく面倒を見てくれるので、ありがたいです。家ではお互い、自分の園が一番だと思っているので、園自慢をしあうことがよくあります。

これがソラスト!というところは?

本当に手厚い保育をしているなと思い、私も日々楽しく頑張っています。他では味わえない、一人ひとりとかかわる保育はソラストじゃないと無理だなと思います。しかも定時で帰れる!それは2年間働いても変わらずそう思います。

今は卒園する子のアルバム作りで1日30分くらい残業がある日もありますが、今だけで通常はないです。保護者対応もゆっくりたっぷりしているので、お母さんたちからソラストのよさだと言われて気づきます。私はソラスト以外で働いたことがないので当たり前だと思っていますが、子どもたちのことをよく見てくれていて園での様子を詳しく話してもらえるのが嬉しいと言われることが保育士として嬉しいです。
逆に、ちゃんと見ていないと会話にならないし答えられないので、しっかり手厚く子どもたちにかかわろうと身が引き締まる思いです。

会社全体が社員一人ひとりをすごく大切にしてくれていると感じるし、エリアマネージャーがよく園にきて声をかけてくれるので、いつも見てもらっているなと感じます。同期の仲が本当によくて、研修がたくさんあるので、同期にも合うことができる上に勉強もできて、研修を楽しみにしています。
園長先生は申告すると必ず面談の時間を作ってくれますし、いつも気にかけて頂いていると感じます。改善したいことを園長に伝えると本部の方へ情報がすぐに伝わっていますし、風通しがいいです。

ICT化による業務効率アップ

ICT化の取り組みが進んでいて、1人1台タブレットを支給されています。書くより打つ方がすぐに取り掛かれるので、少し時間があるとササッと入力できて効率がすごく上がりました。
例えば、クラスの活動計画のタイムテーブルを登録すると全員に反映されて、あとは個別事項を入力するだけなので、事務作業はかなり軽減されました。その分、保育に使える時間を充実させることができるので、子どもたちにしっかり向き合う時間ができています。

2年間働いて子どもたちや職員と共に感じる成長

複数担任制なので一緒に担任をしてくれている先生とクラスを運営していくのですが、産休に入った先生がいてペアの先生が途中で変わったんです。1年通して見てきたのは私だけなので、責任とやりがいを強く感じた年でした。
また、妊娠から産休までを近くで見てきたので、お母さんの大変さも少しわかりました。妊娠中のママの気持ちにも触れて、私も自然と仕事の責任感がついたように思います。

最近強く感じるのは、1歳児の14人がお話をよく聞いていることですね。絵本を読んでいる時に全員が静かに聞いているのを見ると、成長したなと思います。「お話があるから静かにしてもらっていい?」というと理解して静かにしてくれると、1年間の信頼関係の結果だなと感じます。
姉とはお互いの園のブログを見て、園や子どもたちの話をよくしますね。姉も1歳児の担任なのでどういう会話をしたとか共有すると、ほのぼのしておもしろいです。

目指す未来

頼られるような保育士になりたいです。園長先生が研修などで1日いないと、困るなと思うことがあるので、私もそんな存在になれたらなと思っています。園長先生が偉大すぎて将来園長に!とかはまだ全然見えないですが、20代でリーダー・主任になれるよう頑張ります。
先生同士の仲がよくて笑顔が絶えない職場なので、いつか私たち姉妹も、そんな園を運営できる園長先生になりたいです。