ソラスト中村橋(病後児保育室)

病後児

私たちの「病後児保育室」では、保護者の方が安心して就労につけるよう、看護師と保育士が連携して、回復期に入ったお子さまをお預かりし、お子さまの体調に合わせてゆったりと過ごすことで、無理なく体力が回復するようお子さまの立場に立った保育を行っています。​

園の概要

施設名 ソラスト中村橋(病後児保育室)
所在地 〒176-0022
練馬区向山1-13-2
電話・FAX Tel.03-5241-5110 Fax.03-3577-8572
対象年齢 生後6ヵ月~10歳未満​
※利用対象​:保育所等・小学校に通っている練馬区在住のお子様または、練馬区内の保育所等・小学校に通っている病気の回復期のお子様​
定員 4名​
開園時間 月曜日~金曜日 8:30~18:00
休園日 土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)
登録料 1,000円
保育料 1日 2,000円/昼食・おやつ代 400円

下記の方の保育料は以下の通りです。ただし、昼食・おやつ代のみ400円必要となります。
所得税が非課税の方 1日 1,000円
生活保護世帯の方  1日 0円
住民税が非課税の方 1日 0円

▲戻る

アクセス

西武池袋線中村橋駅 徒歩約3分(高架下)

▲戻る

ご利用までの手順

1. ご利用登録
☆事前に登録が必要です☆

月曜~金曜の10時と16時の2回実施(30分程度)
※登録予約の電話をしてください。

【登録時の持ち物】
・母子手帳、保険証、各種医療証、登録料1000円
・減免を証明する書類(必要な方)
利用登録(申請)書(PDF:176KB)(項目が多いため、記入してお持ちいただくと便利です。登録時、園にて記入も可。)

1. 実際に利用される時は
  1. まずソラスト中村橋病後児保育室に電話して、利用可能か確認して下さい。
    ・受付:利用前日のAM8時〜PM17時30分までに電話にて受付
    ・月曜日の利用予約は前週の金曜日に可能
    ◎定員に空きがあれば利用当日の8:00以降にも受付ができます。
  2. 医師の診察を受けて、病後児保育診療情報提供書に記入してもらいます(文章料金が必要です)
    練馬区病児・病後児保育診療情報提供書(PDF:34KB)
    ◎「病後児保育診療情報提供書」は、病状に変化が無ければ入室した日より6日間有効です。
    ◎病状により、医師が病後児室適応でないと判断した場合は記入しないこともあります。
  3. 当日は医師が記入した「病後児保育診療情報提供書」と合わせて、「連絡票」「与薬依頼書」に必要事項をご記入の上お持ちください。
    連絡票(PDF:131KB)
    与薬依頼書(PDF:71KB)
利用上の注意
  1. キャンセルは当日朝8時までに留守番電話にいれてください。
  2. キャンセル時間、お迎え時間を守って頂けない場合は、ご利用をお断りさせて頂く場合がございます。
  3. 「病後児保育診療情報提供書」があっても、その後病状が悪化している時はお預かりできない場合もあります。
  4. 保育料は利用当日の入室時にお支払い下さい。
  5. お子様の状態が急に悪化した場合には保護者の方へ電話で病状を連絡した後、かかりつけ医・嘱託医に指示を仰ぐことがあります。状況によっては保護者の方へお迎えに来ていただく場合があります。
  6. お子様にアレルギーがあり除去食になる場合は病後児室の「食物アレルギー診断書」を医師に記入して頂き利用時までに持参して頂きます。(登録時、ご説明します。)
お問い合わせ先

病後児保育の利用・予約に関すること

ソラスト中村橋病後児保育室 電話:03-5241-5110

病後児保育事業全般に関すること

練馬区こども家庭部 保育課 保育事業者係 電話:03-5984-5845(直通)​
練馬区ホームページ病後児保育について

▲戻る

ご利用時に用意していただくもの

  • 年齢により持ち物は異なります。
  • お持ちいただくものにはすべて名前を記入してください。
  • 着替えはお子様別に専用引出しに保管します。着替えの枚数は季節により変わります。
  • その他、成長により必要な物は随時ご連絡します。
必要なもの
  • 医師からの【病後児保育診療情報提供書】
  • 【家庭との連絡票】...保護者が毎日記入
  • 母子手帳
  • 保険証・各種医療証
  • おしぼり用タオル...3枚
  • 着替え・下着...各2~3組(嘔吐下痢時は多めに)
  • 大きめのバスタオル...1枚
  • ビニール袋(汚れ物入れ)...2枚
年齢に応じて
  • 哺乳瓶​(当施設にもございますが、持参でもかまいません)​
  • 食事用エプロン・よだれかけ...2~3枚
  • 紙オムツ...必要に応じて​
  • お尻ふき...1個
必要に応じて
  • かかりつけ医からの薬​
  • 薬剤情報提供書​​
  • 与薬依頼書...保護者が利用1日目のみ記入​​

※お持ちいただくものにはすべて名前を記入してください。

中村橋ってどんなところ?

東京都練馬区に位置する中村橋(なかむらばし)。落ち着いて暮らせる閑静な住宅街でありながら、西武池袋線中村橋駅の駅前には、大手スーパーの「西友」や、1996年に誕生したマスコットキャラクター「猫飛(ニャンピー)」で知られる「サンツ中村橋商店街」などがあり、日常の買い物には不自由しません。

商店街で年3回開催される「ニャンピー夕市」や、練馬百景にも選ばれた「中村橋阿波踊り」などは、地域の方々と商店主とがふれあえる貴重な機会です。毎年盛大に開催される中村橋阿波踊りはすでに40回を超え、練馬区内だけでなく、区外からも多くの来街者が押し寄せます。

中村橋は美術館も有名です。中村橋駅の北口を出て3分ほど歩くと、「練馬区立美術館」があります。日本近現代美術を中心に新たな切り口でさまざまな展覧会が開催されており、学芸員や作家によるトークイベントや、コンサートなども展開されています。この美術館に隣接するのが、天然芝が敷き詰められた「練馬区立美術の森緑地」。ここには、クマ、キリン、ゴリラ、ペンギンなど、20種類32体のカラフルな動物の彫刻群が潜んでいます。もちろん、野外のオープンスペースのため観賞は無料。触れたり、乗ったり、巨大なアート作品と戯れる子どもたちの姿も少なくありません。駅から近い美術館というのも人気の理由でしょう。

子どもたちが遊べる場所を挙げるなら、ソラスト中村橋保育園のおさんぽコースの一つでもある「中村北公園」や「中村公園」も人気。中村北公園は、練馬駅と中村橋駅のちょうど中間地点にある公園で、「実りの丘」と呼ばれる小山にさまざまなフルーツの木が植えられているのが特徴です。その関係なのか、園内にはいちごやりんごなど、フルーツをモチーフにした遊具も・・・。

さらに中村橋は、水と緑の遊園地「としまえん」にも意外と近いのです。池袋や横浜にも乗り換えなしで行ける利便性の高さも兼ね備え、"住みやすい街"として多くのファミリー層を誘引しています。

▲戻る