(仮称)ソラストときわ台保育園

認可

2020年4月に現在の認証保育園が認可保育園になり、0歳児から5歳児までの定員68人の施設に拡大します。建物裏手には砂場のあるお庭や保育室につながるウッドデッキテラスがあり、開放感ある施設となります。※写真は改修後のイメージです。

自治体お問い合わせ先

板橋区役所 子ども家庭部
保育サービス課入園相談係 
電話番号:03-3579-2452(直通)

(仮称)ソラストときわ台保育園のお問い合わせ

お問い合わせ

園の概要

施設名 (仮称)ソラストときわ台保育園
所在地 〒174-0071
東京都板橋区常盤台2丁目5−7 峰岡ビル1階
対象年齢 0歳(生後57日)から就学前
定員 68名(0歳児6名 1歳児11名 2歳児12名 3歳児13名 4歳児13名 5歳児13名)
開園時間 月曜日~土曜日 7:30~20:30
休園日 日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)
サービス内容 月極保育

▲戻る

アクセス

東武東上線 ときわ台駅より徒歩2分

▲戻る

ご利用料金

※保育料は非課税対象です。
月極保育
対象年齢 生後57日~就学前
保育料金 (仮称)ソラストときわ台保育園の料金に関しましては、東京都板橋区役所へお問い合わせをお願いいたします。
お問い合わせ・入園受付:
板橋区役所 子ども家庭部保育サービス課入園相談係
電話番号: 03-3579-2452 (直通)

入園時に用意していただくもの

必要な持ち物については入園の際にご説明いたします。

▲戻る

ときわ台ってどんなところ?

東京都板橋区に位置する常盤台(ときわだい)。下町のイメージが強い板橋区ですが、「板橋の田園調布」と称されるように、東武東上線ときわ台駅北口のロータリーを抜けてしばらく進むと、美しい並木道(プロムナード)が印象的な街並みのなかに高級住宅が見えてきます。閑静なこの常盤台住宅地は、1935年(昭和10年)に現在のときわ台駅が開業した際に、東武鉄道によって初めて分譲にされた住宅地です。

常盤台にはその当時(昭和初期)の懐かしい雰囲気を残した駅前広場や公園なども多く、池袋駅から東武東上線で約12分と都心へのアクセスも抜群ながら、治安がよく、落ち着いて暮らせる環境が保たれており、住みやすいと人気のエリアでもあります。

なかなか他の地域では見られない「クルドサック(袋小路)」も常盤台の大きな特徴です。クルドサックは、車が転回はできても通り抜けできないように作られた円形の袋小路。つまり行き止まり。子どもたちが安心して遊べるだけでなく、展回部分にある植え込みが閑静な住宅地の雰囲気づくりにも役立っています。

そんな常盤台にある「ソラストときわ台」は、ときわ台駅から徒歩2分のところにある保育園。子どもたちがよく利用する公園のひとつが、約2万㎡の敷地を持つ「平和公園」です。板橋区が平和都市宣言をしたことにちなんでこの名前が付けられ、園内には「へいわ」の文字をかたどった「へいわの池」や、世界の平和を願うモニュメント「平和の灯(ひ)」も設置されています。「へいわの池」に泳ぐカモは子どもたちにも大人気。園のお散歩では、カモにご挨拶するのが楽しみのひとつです。春には「常盤台桜祭り」の会場になり、数多くの花見客でにぎわう公園です。

また、ときわ台駅からほど近い線沿いにある「向屋敷公園」は、ブランコと砂場だけの小さな公園ながら、子どもたちのお気に入りです。それもそのはず、公園から頻繁に行き交う電車を見ることができるからです。電車に手を振る子どもたちに、ときどき車掌さんが手を挙げて応えてくれることもあります。

子どもたちのお気に入りといえば、ときわ台駅から徒歩5分にある板橋消防署 常盤台出張所もお散歩時のお楽しみスポットです。子どもたちの大好きな消防車や救急車を見られるだけでなく、運がよければ、訓練や点検をされている消防士さんに会えることも・・・。消防士さんに保育園に来ていただき、救急救命訓練をしていただいたこともあります。

▲戻る

ページ上部へ戻る